活動報告

映画「片袖の魚」上映会開催報告

2022年10月10日(月・祝)に、さっぽろレインボープライド、本学公認LGBTQ+サークル「虹の集い」、北海道大学ダイバーシティ・インクルージョン推進本部の共催で映画「片袖の魚」上映会を行いました。

事前の参加予約も受け付けましたが、当日の飛び込みの参加者も多く
関心度の高さに加え、気軽に参加できるイベントとしての側面もありました。

当日は、大学生だけではなく、老若男女問わず様々な方の参加があり
北大学術交流会館の講堂に約150名ほどが集まりました。

映画上映会は「片袖の魚」を含む、東海林毅監督の作品4本を上映。
その後、東海林監督、「片袖の魚」主演のイシヅカユウさん、さっぽろレインボープライド、虹の集いのメンバーによるトークショーも行いました。
さっぽろレインボープライドの満島てる子さんのテンポよい司会によって、大変盛り上がりました。

イシヅカユウさんと東海林毅監督


会場の様子

また、参加者のコメントをご紹介いたします。
=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+
私にとっては、 キャンパスでこうした作品やレインボーフラッグを見ることができたこと自体に意義があるのだ。見え るから意識する、そして意識するからの議論する。アファーマティブ・アクションの議論は、すぐに納 得のいく結果に結びつかないかもしれないが、そこから生まれるアイデアとアイデアのぶつかり合いの 中で進歩が育まれるのだと思う。だからこそ、このような活動がもっと世の中に知られ、議論されること を心から願っている。
(原文まま)
=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+