活動報告

古河講堂パープル・ライトアップを実施しました

2022年11月18日(金)に北海道大学古河講堂のパープルライトアップを行いました。
これは内閣府の実施している「女性に対する暴力をなくす運動」に北海道大学が賛同し、その運動のシンボルカラーの紫色でライトアップを行い、女性の人権尊重ならびにハラスメントや差別的言動に対する学内構成員の意識向上を図りました。

点灯式では、 山口淳二理事・副学長が挨拶で

「人権と多様性の尊重」は、人間社会の基盤であるとともに、大学が真理の探究と知の創成の場であるために不可欠。人権を著しく侵害する「暴力」の問題は早急な対応が必要である

と話しました。
山口理事、大学院生の白井さんの点灯合図により古河講堂がパープルに彩られ、点灯式にご参加いただいたみなさまより拍手と歓声があがりました。

点灯後は、大学院文学院博士後期課程の白井那奈さんのデートDVについてのショートトークを行いました。
デートDV防止教育活動も行っている白井さんにより「デートDVはDVと構造は同じで、人権侵害であるが、誰もが被害者にも加害者にもなりうる身近な問題である」と訴えました。また、「女性だけではなくジェンダーやセクシュアリティを問わず起こる問題である、他人事ではなく、自分事として考えていただきたい」と締めくくりました。

みなさまに暴力やデートDVについての認識を深めていただき、一人でも多くの助けを必要としている人に相談先情報が届くようお声がけをお願いいたします。

また学内の相談先は以下となります。

学生総合相談センター 学生相談室
Email:yoyaku[at]sacc.hokudai.ac.jp
電話 :011-706-7463

デートDVについてまとめサイトはこちら

古河講堂パープル・ライトアップ

山口理事挨拶

大学院生白井さんショートトーク

点灯式後記念撮影