イベント

女性研究者ハイクラスロールモデル講演会「左右性研究の醍醐味」

2023年1月10日(火)に、先端生命科学研究院とDEI推進本部の共催で、女性研究者ハイクラスロールモデル講演会を北キャンパス総合研究棟7号館にて開催します。

講師には、日本を代表する女性科学者の中部大学 特任教授の黒田玲子先生をお迎えします。
申し込み不要ですので、直接会場へお越しください。

イベント詳細

イベント名 CCBセミナー×女性研究者ハイクラスロールモデル講演会
「左右性研究の醍醐味~純粋理学から医療への展開へ。研究とキャリアのヒストリー」
日時 2023年1月10日(火)16:00~17:00
会場 北キャンパス総合研究棟7号館(札幌市北区北21条西11丁目)
(旧:シオノギ創薬イノベーションセンター)
1F 産学コミュニティーホール
講師 中部大学 特任教授
黒田 玲子 氏
主催 北海道大学大学院先端生命科学研究院
共催 北海道大学ダイバーシティ・インクルージョン推進本部(DEI推進本部)
お問合せ 北海道大学大学院先端生命科学研究院 門出 健次
Email:kmonde[at]sci.hokudai.ac.jp
Tel: 011-706-9041

黒田 玲子 氏

ロンドン大学客員講師を経て、東京大学教養学部助教授、教授(東大理系女性教授1号)。2000年より、森・小泉・安倍内閣で総合科学技術会議議員、教育改革国民会議委員。2012年より、東京理科大学総合研究機構教授、2019年より中部大学特任教授。
1993年猿橋賞受賞。2013年、ロレアル-ユネスコ女性科学賞(物理科学)受賞。

固体化学、分光学、生物のキラリティーを研究。巻貝の右巻と左巻を決めている一個の遺伝子を同定。さらに、受精数時間後に受精卵の左右形態を物理的に変えると逆巻の貝になることを発見。世界レベルでのGENDER EQUALITYの議論でもご活躍。
Reiko Kuroda on Gender and Crisis –G7 GEAC